白鳳現場ブログ

こんにちは\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

今回は駐車場内の補修と塗装をする為の足場を組み立てます。

ただし、今回は駐車場の中ということで、車を止めれるように移動式の足場になります(^^)/

 

職人さんの手によりみるみる完成していきます(*’ω’*)

移動の際足場が倒れないように頑丈に鉄筋を組み合わせて作っていきます!!!

 

見事な移動式の足場が完成いたしました。

これで、補修や塗装の工事ができるようになり次の工事に進んでいきます(*’▽’)

今後この駐車場がどのようになっていくかを掲載いたしますのでまた楽しみにお待ちください♪

 

 

 

 

こんにちは。

本日は先月にアップ致しました、戸建住宅の福祉用内装改修工事の第2弾をお伝えします。

前回に引き続き、写真で工程を見ていきたいと思います。

第1弾はこちら

 


 

◆扉・手摺◆

・浴室扉 設置工事

開きやすく、間口が広く取れる折れ戸を採用しています。

   

 

・玄関出入口手摺 設置工事

高さがあるため、踏み台を設置しさらに手摺を付けて昇降しやすくしています。

   

 

・浴室内手摺 設置工事

転倒の危険性が高い浴室には、縦横2本の手摺を取り付けています。

   

 

・トイレ内手摺 設置工事

高さなどに考慮し、左右に取り付けます。

   

 

◆その他◆

設置した扉などに干渉しないよう、棚を作り、収納スペースを確保しました。

   

 

これにて完成です。


工事内容は以上になります。

 

福祉用住宅へのリフォームをご検討されていましたら、ぜひ弊社まで

お気軽にご相談ください。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

本日は、京都で行いました、塗装工事の前の補修工事についてです。

工事の中で、一番大事な作業がこの補修工事です。

建物が長持ちするかは、この補修工事にかかってます。

その代表的な、補修項目をご案内致します。

 

①摺り込み・・・クラック(割れ)が、0.3mm以下の際にはフィーラーの摺り込み

を致します。

クラックの隙間にフィーラーを摺り込み、段差をなくし、塗装がしやすい状態にすれば完了です。

 

 

②Uカット・・・クラックが、0.3mm以上の場合に行う作業です。

0.3mm以上のクラックがあるところは、建物の構造上、地震等の力がかかりやすいところです。

摺り込み等で直してもまた割れます。

そこで、クラックに沿ってU字型に溝を掘ります。

そこに防水を兼ねたシーリングを打ち、シーリングの弾力で割れにくくします。

シーリングだけでは表面が柔らかいので、上から樹脂モルタルを塗り固くする事と表面のレベルを合わせて完了です。

 

③欠損補修・・・躯体一部が崩落している、躯体が浮いている部分等の補修です。

まず、欠損の部分をハンマーや鋭利な工具で斫ります、その上でキレイに清掃を致します。

掃除の後は、プライマーを塗ります。これは樹脂モルタルをが接着しやすい用にする為に塗ります。

樹脂モルタルを塗り、表面を成形すれば完了です。

 

④エポキシ樹脂注入・・・躯体が浮いている部分に、ボンド(エポキシ樹脂)を注入し浮きを止めます。

躯体は浮いているけど、段差がないので見た目は分からない、剥落しる心配がないときに、エポキシ樹脂の注入を行います。

浮いている部分にマークをしそこに穴をあけます、穴の中は埃が詰まっているので、エアーで埃を出します。

その後エポキシ樹脂を注入致します、次にエポキシ樹脂が穴の中で万遍なく広がる為に、ピンを入れ塊を広げます。

このエポキシ樹脂は、ガッチガッチに固まる樹脂(ボンド)なので完全に浮きは固定されます。

最後に穴を埋め戻し、平らに成形すれば完成です。

皆さん、いかがでしたでしょうか。

塗装をキレイに塗る為にも、建物を長持ちさせる為にも、補修工事は大事な工程です。

建物のクラックが目立つ、塗膜が劣化すると、補修費がかかる事をご認識ください。

 

木津運送株式会社様に訪問させていただきました!

 

木津運送株式会社様のご依頼により、労働環境改善事業の一つである夏場の暑さ対策で、遮熱塗装の屋根塗装工事を白鳳が施工させて頂いています!

経営者が集まる会の仲間でもある、岡吉社長とお話しした中で、倉庫や製造業でのお困りごととなる事案のヒントを頂きました!

倉庫や工場の新築工事時に予防できると、とても維持管理がしやすそうで社員さんも満足を得られると感じました!

工場や倉庫を新築の時に工夫出来なかった場合でも、今、気がついた段階で改修工事をする事で、労働環境や、荷物の荷卸時などの作業効率がより良く改善されるのではないかと思いました!

最近では、新築の工事も請け負う事になり、その企業様の未来の計画やビジョンをお聞かせ頂き、未来に繋がる建物価値向上をして行きたいなと思います!

建物価値向上そして、建物再生のプロ集団として日々勉強です!