コラム

富田林市 I様邸塗装工事

2022年11月7日

富田林市 I様邸塗装工事

今回は、前回の続きになる富田林のI様邸の施工のつづきになります。

代表的な塗装工事を3つご紹介致します。

まずは、天井庇の塗装になります。

下の写真は塗装前の写真になります。長年の漏水で、天井の塗膜をメクリ、樹脂モルタルで補修した後になります。外壁の塗装工事はこの補修工事が一番大事です。補修工事をキチット出来なければ、塗装はキレイに仕上がりません。塗装よりも補修が大事であると皆さん認識してください。

施工前

次の写真は、パターン吹付をしている写真です。皆さんはあまり認識しておりませんが、塗装している面には、必ず模様が入っております。これは意匠性を上げる目的と、補修跡を判りにくくする目的があります。皆さん考えてください。つるつる壁だと、上のように補修しますと、必ずその跡が目立ちます。また、人間の感性として、外壁がつるつるなのには、違和感を感じるからだそうです。

次の写真は、パターンをならしている写真です、パターンの吹付というのは、玉になっている樹脂を吹き付けますので、多く吹き付けている部分と、そうでない部分との差が出ますので、しあげとして、このならしが必要になります。

次に、1回目の塗装をしているところです。この塗料は、透湿性に一番適したアクリル塗料を塗っている写真です。天井は、上部からの湿気が下りてくる場所なので、湿気を逃がす塗料を塗ってないと、すぐに塗膜の下に水が溜ります。ですから、3回塗りではなく2回塗りでしあげます。3回塗りしますと、湿気が逃げない構造になるからです。

次の写真は、仕上げの2回目の塗装になります。

こちらが2回塗りした完成の写真です。すっかり、補修した跡も分かりにくくなっております。

完成

次に、天井の木部の塗装です。

この様に、天井に木張ってあるのは珍しいケースなのですが、こちらも、長年の漏水で、漏水跡が少し目立ちます。キシラデコールという、防腐材の入った塗料を2回塗りしていきます。

下は、施工前の写真になります。

施工前

1回目の塗装をしている写真です。白い部分が漏水した後になります。

2回目の塗装になります。これで完成になります。これで、白アリも怖くありません。

こちらが、完了の写真になります。

最後に鉄部の塗装になります。

鉄部は壁の塗料(水性)とは違い溶剤(昔は油性と呼んでいた)を塗ります。

施工前

サビを丁寧に落すかで、次にいつサビが発生するかに差が出て来ます。今回はサビ落としで下地の鉄が傷まないように、ペーパーをあててサビをケレン(削る)します。この場合、状態によって、ペーパー2種類~3種類使います。

次に錆止めを塗ります、これを塗ってないとすぐにサビが発生致します。錆止めの色は何種類かあって、仕上げに近い色を選択して塗ります。下地の塗装が透けて見えないようにする為です。

錆止めが乾いたら、溶剤の塗料を塗っていきます。これが2回目の塗装になります。

最後に、2回目の塗装になります。皆様には分かりにくいのですが、2回塗装と3回塗装とでは、艶が全然違います。プロの目から見れば、すぐに分かるものです。

下の写真は、塗装完了の写真になります。

完成

すっかり見違えほどキレイに仕上がりました。

お問い合わせ

無料の相談、現地調査など、まずはお気軽にご相談ください。
規模別の見積もりのサンプル資料もダウンロードしていただけます。

お問い合わせ窓口

あらゆるサイズの現場に対応可能です。
ぜひお気軽にお声がけください。

大規模修繕専門企業
株式会社 白鳳

お電話でのご相談受付時間:平日10時~18時

06-6115-7980

お問い合わせに迷われている方へ ご要望に応じた窓口をご用意しています