白鳳現場ブログ

こんにちは。

本日は先月にアップ致しました、戸建住宅の福祉用内装改修工事の第2弾をお伝えします。

前回に引き続き、写真で工程を見ていきたいと思います。

第1弾はこちら

 


 

◆扉・手摺◆

・浴室扉 設置工事

開きやすく、間口が広く取れる折れ戸を採用しています。

   

 

・玄関出入口手摺 設置工事

高さがあるため、踏み台を設置しさらに手摺を付けて昇降しやすくしています。

   

 

・浴室内手摺 設置工事

転倒の危険性が高い浴室には、縦横2本の手摺を取り付けています。

   

 

・トイレ内手摺 設置工事

高さなどに考慮し、左右に取り付けます。

   

 

◆その他◆

設置した扉などに干渉しないよう、棚を作り、収納スペースを確保しました。

   

 

これにて完成です。


工事内容は以上になります。

 

福祉用住宅へのリフォームをご検討されていましたら、ぜひ弊社まで

お気軽にご相談ください。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。