コラム

遮熱塗装を行う効果は?メリット・デメリットを解説

2021年10月7日

遮熱塗装を行う効果は?メリット・デメリットを解説

遮熱塗装は、太陽の光を反射する「遮熱塗料」を使用する塗装工事です。

では、マンションの屋上や工場の屋根、外壁などに遮熱塗装をすると、どのような効果があるのでしょうか。

この記事では、遮熱塗装の効果や、メリット・デメリットについて詳しく解説します。また遮熱塗料の選び方や、塗装時の注意点などもまとめているので参考にしてみてください。

遮熱塗装とは

遮熱塗装では、太陽光に含まれる赤外線などの光エネルギーを反射し、建物内部に熱が伝わらないようにする「遮熱塗料」を使用して塗装工事をします。

一般的な塗装では、太陽光の熱がそのまま建物内部に入りますが、遮熱塗装では、太陽光の熱を遮断することで室内の温度上昇を防ぎ、夏場の節電効果が期待できます。

また建物が受ける熱の影響を低減し、建物の劣化を防ぐメリットもあります。そのため遮熱塗装は、夏場を快適に過ごしたい場合や、日差しが強く当たる建物で採用されることがあります。

断熱塗装とどう違うの?

遮熱塗装と似た塗装に「断熱塗装」があります。この断熱塗装では、太陽光を建物内部に伝わりにくくする塗料を使用することで、室内の温度を保つ特徴があります。

さらに、室内の熱を外へ逃がしにくい保温効果があるため、1年を通して快適に過ごしたい場合に選ばれています。

 

遮熱塗装の効果

遮熱塗装は屋根・屋上・外壁・べランダなどに塗装できますが、それぞれどんな効果が得られるのでしょうか。

屋上・屋根に塗装する場合

遮熱塗装は直射日光の影響を受けやすい、屋根や屋上に塗装する場合が多くなります。

日本建築仕上材工業会の報告書によると、長屋棟の屋根に、一般的な塗料と遮熱塗料を塗布し、夏場のエアコンを使用した実験では、遮熱塗装で約7%の電力量削減効果が得られたという結果が出ています。

また一般社団法人日本塗料工業会によると、遮熱塗装を施した場合では、真夏における工場屋根の表面温度は最大 20℃以上も低下するとしています。

塗料の種類や日当たり、間取りによっても多少の効果の違いがありますが、屋根の表面温度が低下することで、室内の温度上昇を防ぐ効果が期待できます。

参照:一般社団法人日本塗料工業会 遮熱塗料

参照:一般社団法人日本塗料 高日射反射率塗料

外壁に塗装する場合

遮熱塗装では、屋根や屋上に塗装するものとイメージする場合が多いかもしれませんが、外壁に遮熱塗装を行うことで、建物内部への熱侵入を遮断でき、建物の劣化を防ぐことにつながります。

ただ外壁は、屋根や屋上に比べると、時間帯や方角によって、太陽光の影響が変わることもあります。

そのため、外壁に遮熱塗装を検討する場合は、直射日光があたりやすい場所に位置している場合や、西日が強く当たる場合などは、検討してみるとよいでしょう。

また南側の外壁は、冬に日差しを受けて暖かくなる恩恵を受けている場合もあるので、慎重に検討することが大切です。

遮熱塗装の3つのメリット

遮熱塗装の3つのメリット

遮熱塗装を工場やマンションに行う際のメリットを見ていきましょう。

冷房効率が高くなる

遮熱塗装は、通常の塗料と遮熱塗料を比較した場合、真夏の屋根の表面温度は最大20℃以上も低下するとも言われています。

体感温度でいうと約1~3℃程度の低下が期待できます。「たったそれだけ?」と思うかもしれませんが、たとえば27℃の室内と、30℃の室内では、エアコンの設定や効きも異なり、使う電力が少なくなれば省エネにもつながります。

注意点として、遮熱塗料は太陽光を反射する機能が大きな特徴ですが、外気温から伝わってくる熱を抑える効果はありません。そのため、冷房が不要になるとまでは考えない方がよいでしょう。

メンテナンス周期が長くなる

一般の塗料では、10年から15年程度で塗り替えしますが、遮熱塗装では15年から20年程度と、耐用年数が長いのが特徴です。これは遮熱塗料が太陽光を反射することで、一般の塗料よりも塗膜の寿命が長くなるためです。

遮熱塗装では、メンテナンスの周期が長くなるため、初期費用はかかりますが、長期的にみるとメンテナンス費用を抑えられるメリットもあります。

熱による建物へのダメージを軽減

建物は雨や風、太陽光の熱によって、劣化が進みますが、屋根や外壁に遮熱塗装することによって、太陽光の熱によるダメージが軽減できます。

外壁や屋根が熱ダメージを受けると、塗膜の劣化が進行し、塗膜が浮いたり剥がれたりして、建物を守る機能が損なわれてしまいます。そこで太陽光を反射する遮熱塗装をすることで、塗料の劣化を防ぎ、建物を保護する効果が期待できます。

ただし建物の劣化は、経年劣化や外的要因など、さまざまな要素があるため、遮熱塗装をすれば劣化が防げると思わないようにしましょう。

 

遮熱塗装の3つのデメリット

遮熱塗装をする際のデメリットは何があるか確認しましょう。

値段が高い

遮熱塗装では、特殊な塗料を使用するため、一般的な塗装よりも20%ほど高くなります。一般的な塗装の費用では、2,400円/㎡程度にあるのに対して、遮熱塗装をすると3000円/㎡~となります。事前に塗装工事で、どれだけの予算が組めるのか、確認しておくことが大切です。

また遮熱塗装は、塗りづらさや塗りムラが発生しやすい点もあるため、塗装技術を持つ業者に依頼する必要があります。

は室内の保温ができないため寒い

1年を通して室内温度を快適にしたい場合は、夏は暑さを伝えにくくて冬は室内温度を逃がしにくい、そして熱伝導率が低い断熱塗装を検討しましょう。

遮熱塗装は暑い夏に効果を発揮しますが、寒さをしのぎたい冬には太陽光の力を借りることができなくなります。

希望する色が選べない場合がある

遮熱効果では、遮熱塗料の色によってその効果が異なります。たとえば黒と白では、白のほうが太陽光の反射率が高いため、遮熱効果を期待するのであれば明るい色を選ぶことが大切です。

また塗料メーカーによっては、イメージする色が選べない場合もあります。

遮熱塗料の選び方は?

遮熱塗料の選び方は?

一般的に遮熱塗料と呼ばれるものの、正式名称は「高日射反射率塗料」と言われるもので、太陽光に含まれる光エネルギーを高いレベルで反射し、塗膜ならびに被塗物の温度上昇を抑えることができるのが特徴です。

遮熱塗料では、日射反射機能と耐久性を基準に選ぶとよいでしょう。日射反射率とは、太陽光が塗料に当たった時に、どれだけ反射できるかを表す数値を指しています。

また色によっても遮熱効果に差があるため、遮熱効果を高めるためには、反射率の高い色の塗料を選ぶとよいでしょう。メーカーによっても異なりますが、色合いが明るくなるほど、反射する効果が高まります。

おすすめの遮熱塗料は

遮熱塗料ではさまざまなメーカーから販売されていますが、遮熱効果だけではなく、他の機能が追加された塗料を選ぶとよいでしょう。

遮熱塗料メーカーの中でも高いシェアを誇る、アステックペイントの遮熱塗料「リファインシリーズ」は、遮熱効果が高いのはもちろんのこと、汚れにくさ・高耐候性があり、68色から選べます。

商品名特徴こんな場合に耐用年数(目安)
リファインSI・セルフクリーニング
・高い耐候性
・美観の維持15年~18年
リファインMF・セルフクリーニング
・優れた耐候性
・美観の維持
・メンテナンスの間隔を伸ばしたい
20年~24年
EC5000シリーズ・防水性能が高い・雨漏り対策15年

参照:株式会社アステックペイント 超低汚染リファインシリーズ

その他には、こんな遮熱塗料があります。

・クールタイト(エスケー化研株式会社)
・サーモアイ、サーモアイウォール(日本ペイント株式会社)
・アレスクール(関西ペイント)
・ミラクール(株式会社ミラクール)
・パラサーモ(日本特殊塗料株式会社)
・アドグリーンコート(日本中央研究所)

 

遮熱塗装はこんな場合におすすめ

遮熱塗装はどんな建物に適しているのかまとめました。

節電+省エネに取組みたい

夏場での過ごしづらさや、電気代の高さに悩んでいる場合は、遮熱塗装を検討するとよいでしょう。遮熱塗装によって室温の上昇が抑えられるため、エアコンにかかる負荷が減り、冷房が効きやすくなり、節電だけでなく、省エネにもつながります。

品質管理に懸念点がある

遮熱塗装では、建物内の温度上昇が抑えられるため、夏の暑さによって、建物内にある原料や商品が変質するリスクを減少させます。そのため、工場内での危険物や温度管理が必要な原料・商品の品質管理に役立ちます。

金属屋根の建物

属屋根は熱伝導率が高く、太陽光の熱が屋根材に伝わりやすいのが難点ですが、遮熱塗装によって太陽光を反射し、屋根及び建物の温度上昇を抑えることができます。具体的にはトタン屋根や、ガルバリウム鋼鈑の屋根だと、その効果は高まります。

吹き抜けのある建物

吹き抜けのある建物は、吹き抜けから熱が建物に侵入しやすく、室内が熱くなりやすい傾向があります。そこで、屋根に遮熱塗料を使用することで、熱の侵入を防ぎ、暑さがを軽減できます。

 

遮熱塗装での注意点は

遮熱塗装は特殊な塗料を使用するため、高度な塗装技術が必要です。

また遮熱塗装は、塗膜表面が綺麗であれば効果を発揮しやすくなりますが、表面が汚れていると、反射しにくくなり、遮熱効果が低下してしまう懸念点もあります。

そのため、適切な塗装方法や注意点を知り、塗装技術に長けた塗装業者に依頼すると安心です。

マンション・工場などの外壁塗装はお任せ!白鳳にご相談を

マンション・工場などの外壁塗装はお任せ!白鳳にご相談を

遮熱塗装の効果やメリット、デメリットについて解説しました。

遮熱塗装を含む外壁塗装では、天候不良などのアクシデントがつきものであることから、施工管理に長けている、実績のある業者を選ぶことが大切です。

外壁塗装は外部環境によりメンテナンスが時々で発生するため、長期的な付き合いができる優良業者に依頼することが、建物を長く安全に保つことにつながります。

白鳳はお客様のご希望に寄り添った塗装工事を実現します。

お問い合わせ窓口

あらゆるサイズの現場に対応可能です。
ぜひお気軽にお声がけください。

大規模修繕専門企業
株式会社 白鳳

お電話でのご相談受付時間:平日10時~18時

06-6115-7980

お問い合わせに迷われている方へ ご要望に応じた窓口をご用意しています