コラム

外壁塗装コーキングの必要性は?劣化目安や費用相場も解説

2022年9月5日

外壁塗装コーキングの必要性は?劣化目安や費用相場も解説

「外壁塗装のコーキングの必要性は?修復すべき?」
「外壁塗装のコーキング修復について、目安時期や工事内容が知りたい!」
「そもそも外壁塗装のコーキングって何?」

本記事では、外壁塗装コーキングのメンテナンスについて上記のようなお悩みをお持ちの方に向けて、コーキングの必要性をわかりやすく解説しています。

また、コーキングとシーリングの違いや補修の目安時期、工事内容、費用相場についてもまとめていますので、ぜひ参考にご覧ください。

外壁塗装のコーキングとは?

コーキング材とは、外壁材同士の隙間を埋めるために使われる弾力性のあるゴム状の材料で、建物や外壁材の防水性・気密性などを高める目的で使用されます。シリコンや変成シリコン、ウレタン、ポリウレタン、アクリルといった種類が存在します。

そもそもコーキング(caulking)という言葉には「隙間を埋めること」という意味があり、外壁塗装においては外壁材の隙間や建物の継ぎ目、窓枠の縁などの隙間を埋める作業の名称として用いられています。

  • コーキング:作業の名称
  • コーキング材:材料の名称

コーキングとシーリングの違い

コーキングはシーリングと呼ばれることもありますが、外壁塗装においては両者で施工内容に違いはなく、人によって呼び方が違うだけということがほとんどです。

細かな違いを説明すると、コーキングは「隙間を防ぐ」というニュアンスを持っており、外壁や窓などの隙間から水漏れや空気漏れを防ぐ施工に用いられます。

一方、シーリング(Sealing)は「封をする」というニュアンスを持っていますので、台所や風呂場などの水回りの隙間や、下水管などで生じる水漏れを防ぐ施工に用いられます。

とは言え、基本的な施工方法は同じですので、単に呼び方が違うだけと認識しておいて問題ありません。

コーキング工事の内容

コーキングのメンテナンスでは、劣化によって建物や外壁材にできた隙間やひび割れをコーキング材と呼ばれるペースト状の材料を充填していきます。また、劣化状況や経過年数に応じて、古いコーキングを剥がして新しく充填することもあります。

ちなみにコーキング材は、コーキング剤・充填剤・シーリング材とも呼ばれますが、施工名称と同じように大きな違いはありません。

コーキング補修の一般的な周期

コーキング工事のタイミングは、コーキング材の経年劣化によってひび割れや肉やせが目立ってくる10〜15年程度のスパンで実施するのが一般的です。

外壁材でよく使用されているサイディングボードやACLパネルも10〜15年程度でメンテナンスする必要がありますので、通常は外壁塗装のメンテナンスと一緒にコーキング補修が実施されます。

外壁以外のコーキング工事

コーキング工事が必要な箇所は外壁だけではありません。

コーキングは隙間を埋める役割の他にも、防水性や気密性を保持するという役割も果たすため、下記のような水に関係する箇所でも使用されます。

  • 窓ガラスなどのサッシ
  • 配管やパイプ
  • キッチン
  • 浴室
  • 洗面台

耐用年数は外壁コーキングと同様に10〜15年程度となっていますので、外壁塗装メンテナンスと同じ頃に室内リフォームも検討されると良いでしょう。

外壁塗装のコーキングは必要?3つの役割を紹介

外壁塗装のコーキングは、防水効果や外壁材のひび割れ防止効果、気密性の向上など、建物を守るために重要な役割を果たしています。

もともと、サイディングボードやALCパネルなどの貼り合わせるタイプの外壁材は、接着時に隙間ができるのが通常ですが、機能を強化するためにわざと隙間をあけて目地を作り、コーキング材を充填することもあります。

それでは、コーキングの役割について詳しく見ていきましょう。

役割①:防水効果

コーキングは、その密着性から高い防水効果を発揮します。

劣化したコーキングをそのまま放置していると、隙間から雨水が侵入し、外壁材が腐食したり、雨漏りが発生したりする恐れがあります。さらに、雨水の侵入が内部構造にまで影響が及ぶと、建物自体の安全性が低下してしまう可能性があり、大変危険です。

役割②:外壁材のひび割れ防止効果

外壁材にとって地震による振動や気温差は大きな負担となり、ひび割れや剥離の原因になることも。弾力性のあるコーキング材が緩衝材となることで、これらの負担を和らげ、外壁材のひび割れや剥離を抑制します。

​​さらに、モルタルやコンクリートといったひび割れしやすい外壁材のひび割れ補修として、外壁材に直接コーキングを充填することもあります。

役割③:気密性の向上

密着性の高いコーキング材を目地や隙間に補填することで、建物の気密性が向上します。

建物における気密性とは、隙間がなく空気の出入りが少ない状態を指します。コーキング材がしっかり埋め込まれていれば、夏場の涼しい冷気や冬場の温かい空気を外へ逃しにくくなります。

外壁塗装のコーキング補修を実施する劣化目安

外壁塗装のコーキング補修を実施する目安は、外壁材のメンテナンス周期である10〜15年で実施するのが一般的ですが、年数に限らず、ひび割れや肉やせといった劣化が気になるようでしたら、補修するタイミングだと思って良いでしょう。

コーキング材の詳しい劣化状態についてご紹介します。

コーキング材がひび割れしている

コーキングのひび割れとは、乾燥した地面のひび割れのように、縦に真っ直ぐ線がはいっていたり、放射状に広がっている状態を指します。

コーキングがひび割れする原因は、紫外線・雨水・気温差による経年劣化であることがほとんどです。また、地震や台風などの災害による変形でひび割れが発生することもあります。

特に、サイディングボードなどの湿気や気温差で膨張しやすい外壁材は、コーキングの接着面に圧力がかかりやすくなっていますので、定期的なメンテナンスが必要でしょう。

コーキング材が肉やせしている

コーキングの肉やせとは、コーキング材に含まれている可塑剤が溶け出したり、コーキングが収縮してしまったりしてコーキングが痩せてしまう状態を指します。

コーキングの肉やせも、ひび割れと同様に経年劣化であることがほとんどです。

※可塑剤(かそざい)とは…塩化ビニル樹脂といった合成樹脂(プラスチック)を柔らかくする添加剤のこと。

外壁塗装コーキングの工事内容

外壁塗装コーキングは、コーキングガンという専用の工具にコーキング材が入ったカートリッジを装填して、目地やひび割れ箇所ごとに作業していきます。

作業するタイミングは外壁塗装を行う前と後のどちらかで実施し、工法としては古いコーキングを全て剥がして埋め直す工法と、上から充填する工法の2種類があります。

施工方法と修復方法について、詳しく見ていきましょう。

施工方法:「先打ち」と「後打ち」

外壁塗装コーキングの施工方法には、外壁塗装工事前にコーキングする「先打ち工法」と、外壁塗装後にコーキングする「後打ち工法」があります。

【外壁塗装コーキングの施工方法】

  • 先打ち工法…外壁塗装工事前にコーキングする施工方法
  • 後打ち工法…外壁塗装後にコーキングする施工方法

先打ち工法はコーキングの上から外壁塗装を実施するため、コーキングの保護効果が高まります。

一方、後打ち工法は外壁塗装後にコーキングするため、外壁塗膜のひび割れ防止効果が高まります。

どちらの工法を採用するかは、コーキング材の種類や外壁塗装の塗料、職人の施工方法によって決定されますが、後打ち工法を推奨する外壁塗料メーカーがほとんどとなっています。

修復方法:「打ち替え工法」と「増し打ち工法」

コーキングの補修方法には、古いコーキングを剥がして新しく充填する「打ち替え工法」と、古いコーキングを残して上から充填する「増し打ち工法」の2種類があります。

【外壁塗装コーキングの施工方法】

  • 打ち替え工法…古いコーキングを剥がして、新しく充填する方法
  • 増し打ち工法…古いコーキングを残して上から充填する方法

外壁塗装メンテナンスの場合は、基本的に打ち替え工法で補修していきます。コーキングカッターと呼ばれる専用の工具で目地から剥がしてからコーキング材を充填していくため、撤去に時間がかかり、その分費用も高くなりますが、劣化部分を全撤去できるといったメリットがあります。

一方で増し打ち工法は、構造的に打ち替えが難しい箇所や打ち替えすると外壁材を傷つけてしまう恐れがある箇所、窓枠やドア枠のサッシ部分などで採用されます。​​古いコーキングの状態が悪いと剥がれてしまう可能性がありますが、工事時間が短く、使用するコーキング材も少量で済むため、費用は安くなります。

また、サイディングボードに比べて厚みのあるALCパネルは1回目が増し打ち工法、2回目が打ち替え工法が推奨されています。

外壁塗装コーキングの費用相場

外壁塗装コーキングの費用相場は、打ち替えと増し打ちによって異なります。

コーキング費用はm単価で計算され、打ち替え工法でコーキングした部分は900〜1,200円/m+足場代、増し打ち工法の部分は500〜900円/m+足場代となります。

【外壁塗装コーキングの費用相場】
打ち替え工法…900〜1,200円/m+足場代
増し打ち工法…500〜900円/m+足場代

打ち替え工法でコーキングする際、古いコーキングの撤去も必要となるのですが、業者によっては別で撤去費用が請求されることもありますので、相談時に確認しておきましょう。

外壁塗装コーキングは白鳳にお任せ!まずは無料相談を!

工場の外壁塗装は白鳳にお任せ!のイメージ画像

外壁塗装コーキングについてご紹介しました。

コーキングの補修周期は10〜15年とお伝えしましたが、コーキングが劣化していると感じる場合や、外壁材に部分的なひび割れが発生している場合などは、外壁塗装のメンテナンス時期まで放置せずにコーキング修復をする必要があります。

コーキングの劣化を放置すると、建物の内部にまで影響が及ぶ可能性がありますので、外壁塗装のプロに現地調査を依頼することをお勧めします。

また、弊社「白鳳」は外壁塗装メンテナンスの他にも、屋根や床、内装、タンク、配管、建具などの塗装メンテナンスも得意としています。ご相談は無料ですので、ぜひお気軽にご連絡くださいませ。

お問い合わせ

無料の相談、現地調査など、まずはお気軽にご相談ください。
規模別の見積もりのサンプル資料もダウンロードしていただけます。

お問い合わせ窓口

あらゆるサイズの現場に対応可能です。
ぜひお気軽にお声がけください。

大規模修繕専門企業
株式会社 白鳳

お電話でのご相談受付時間:平日10時~18時

06-6115-7980

お問い合わせに迷われている方へ ご要望に応じた窓口をご用意しています