コラム

外壁塗装の必要性をジャッジ!劣化目安・費用相場も詳しく解説

2022年9月19日

外壁塗装の必要性をジャッジ!劣化目安・費用相場も詳しく解説

外壁塗装のメンテナンスは、定期的に実施する必要性があります。

しかし、

「外壁塗装のメンテナンス時期だけど、今すぐ依頼する必要はある?」

「メンテナンスが必要な外壁塗装の劣化目安は?」

「塗装を先延ばしにした時のリスクは?」

といった不安や疑問から、メンテナンスを迷われている方も多いかと思います。

そこで本記事では、外壁塗装の必要性を裏付ける理由や、外壁塗装メンテナンスの必要性が高いケース・必要性が低いケース、費用相場などを解説します。

併せて、屋根塗装と同時施工するメリットについても触れていますので、ぜひ参考にご覧ください。

外壁塗装メンテナンスの必要性は?

外壁塗装は10〜15年程度でメンテナンスするのが一般的です。詳しい理由についてはこれから解説していきますが、外壁塗料の耐用年数がおおむね10年前後となっているからです。

しかし、必ずしも10年前後の周期で外壁塗装すべきかと言われると、そうではありません。外壁材や塗料、使用状態によっては20〜30年持つ場合があるからです。また、そもそも外壁塗装をする必要がない外壁材も存在します。

とは言え、外壁塗装メンテナンスの必要性が低い場合でも、10年前後でプロに点検してもらうことで、建物の老朽化や構造体の腐食を早期に発見するきっかけになります。

屋根塗装も同時に行われる理由

外壁塗装と同じく、屋根塗装の耐用年数も10〜15年周期が一般的です。屋根と外壁を同時に施工される方が多い理由はこのためです。

さらに、屋根と外壁を同時に塗装工事することで足場の組立が1度で済みますので、費用も安くなるというメリットがあります。

ちなみに、足場の運搬・組立・解体にかかる費用相場は、1㎡あたり700〜1,200円程度となっています。一般的な戸建住宅で15万円前後、マンションや工事などの大規模修繕になると100万円以上はかかりますので、外壁と屋根の同時メンテナンスで費用を大幅にカットすることができます。

外壁塗装の必要性を裏付ける5つの理由

外壁塗装の必要性を裏付ける5つの理由のイメージ画像

外壁塗装の必要性を裏付ける理由として、次の5点があげられます。

  1. 外壁塗料には耐用年数があるから
  2. 経年劣化してしまうから
  3. 健康被害につながる恐れがあるから
  4. 補修費用がどんどん高くなるから
  5. 美観が低下するから

それでは、詳しく見ていきましょう。

理由①外壁塗料には耐用年数があるから

外壁塗料には耐用年数があります。

耐用年数は塗料や外壁材の種類、施工内容によって変動しますが、10〜15年がボリュームゾーンとなっています。

外壁塗料耐用年数の目安
ピュアアクリル塗料6年前後
ウレタン塗料8年前後
シリコン塗料12年前後
ラジカル制御形塗料18年前後
フッ素塗料20年前後
無機塗料25〜30年程度

また、耐用年数が長くなるほど価格も高くなっていきます。

上記の耐用年数はあくまで目安期間となっており、定期的に掃除されていたり、外壁材との相性がよければ耐用年数より長持ちすることがあります。反対に、外壁材に適さない塗料を使用したり、塗装の下準備がおろそかになっていると寿命が早く訪れる可能性が高くなります。

理由②経年劣化しまうから

外壁塗装は経年劣化するものです。

経年劣化の原因となるものは、直射日光による熱や紫外線、雨風、地震などの揺れです。

そして経年劣化が進行すると、

  • 雨漏り
  • すきま風
  • ひび割れ
  • 剥がれ
  • 膨れ
  • 苔や藻
  • カビ
  • サビ

といった劣化症状が現れ始めます。

特に雨漏りは天井や壁のクロスに発生したシミで気づくことが多いのですが、この時点ではすでに建物の木材が腐っていたり、鉄骨がサビている可能性が高く、建物自体の安全性が懸念される状態です。

そのため、外壁塗装メンテナンスの必要性が非常に高い状態だと言えるでしょう。

理由③健康被害につながる恐れがあるから

外壁塗装の劣化は、健康被害を引き起こす恐れもあります。

外壁塗装の劣化によって雨漏りが発生すると、建物内の湿度が上昇し、カビが繁殖しやすい状態に。

カビは、くしゃみや鼻水などのアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎、気管支喘息、結膜炎といったアレルギー症状を発症させる要因になるだけでなく、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症やカビ中毒といった重篤な症状を発症させる可能性もあります。

外壁材や室内にカビが発生していれば、外壁塗装メンテナンスの必要性が高い状態だと言えるでしょう。

理由④補修費用がどんどん高くなるから

外壁塗装などのメンテナンスを先延ばしにしていると、修復費用がどんどん高くなっていきます。

というのも、劣化症状が進行していると外壁を塗装するだけでは改善ができず、外壁材を部分的に修復したり、外壁材全体の張り替えが必要な場合があるからです。

ちなみに、外壁塗装メンテナンスの費用相場は、1平方メートルあたり1,700〜5,000円程度となっています。これが部分補修になると、1箇所につき1〜10万円程度かかり、外壁材の張り替えとなると1平方メートルあたり7,000〜9,000円程度と約2〜4倍になってしまいます。

そのため、無駄な出費を抑えるには、メーカーから推奨された耐用年数を守ることが大切です。

理由⑤美観が低下するから

外壁塗装などのメンテナンスを定期的に行う必要があるのは、建物の美観を保つためでもあります。

汚れが目立つ外壁は清潔感が損なわれ、訪れた人に良い印象が与えられないどころか、不快にさせてしまうことも。

特に、工場や建物といった事業用建物の場合は、クライアントや顧客からの信頼や従業員のモチベーションを低下させてしまう可能性があるため、定期的なメンテナンスで外壁の美しさを保っていきましょう。

外壁塗装の必要性が高いケース

外壁塗装の必要性が高いのは、次のようなケースです。

  • 前回の外壁塗装から10年以上経過している
  • チョーキング現象が起きている
  • ひび割れ・剥がれが発生している
  • 外壁や屋根から雨漏りしている

それでは、一つずつご紹介します。

前回の外壁塗装から10年以上経過している

外壁塗装の必要性が高いケースの1つ目は、前回の外壁塗装から10年以上経過している場合です。

外壁塗装でよく使われるウレタン塗料やシリコン塗料は、6年前後でチョーキング現象が発生しやすくなり、メンテナンス時期である10年前後になるとひび割れや剥がれの発生が増える傾向があります。

外壁塗装からの年数劣化症状必要性
〜2年汚れ・変色なし
〜6年チョーキング現象ややあり
〜8年カビ・苔・藻の発生場合によってあり
〜10年ひび割れあり
10年〜剥がれ・膨れあり

専門家でない限り、劣化症状の進行具合を判断するのは難しいもの。10年という年月を節目に、メンテナンスの必要性があるかどうかの確認を含めて、一度プロに見てもらった方が良いでしょう。

チョーキング現象が起きている

チョーキング現象とは、外壁の表面を手で触るとチョークのような白い粉が付着する状態を指し、白亜化現象と呼ばれることもあります。

チョーキング現象が起きる原因は、塗料に含まれている顔料が紫外線や雨によって分解され、表面に浮き出てしまうことによるものです。

チョーキング現象を放置していると、外壁塗装の防止機能が低下し、雨が外壁材に染み込んでしまうことも。チョーキング現象の発生は外壁塗装の劣化を意味しますので、早めにメンテナンスする必要性が高いでしょう。

ひび割れ・剥がれが発生している

外壁塗装のひび割れや剥がれは、メンテナンスが必要の合図です。

小さなひび割れや剥がれであれば、ホームセンターなどで売られている家庭用コーキング材やセメント粉でDIYできますが、あくまで応急手当てです。

ひび割れや剥がれが目立つ程に進行していると、構造内部にまで影響が及んでいる可能性があり、大変危険な状態です。外壁塗装メンテナンスの必要性は非常に高い状態にあると言えるでしょう。

外壁や屋根から雨漏りしている

外壁や屋根から雨漏りしている場合は、外壁塗装だけで修復できない可能性があります。

そのため、外壁塗装の専門業者ではなく、リフォーム会社や工務店など、外壁材や屋根の張り替えを行っている業者に依頼する必要が出てくるでしょう。

外壁塗装だけで修復できる可能性も捨てきれませんので、外壁塗装会社やリフォーム会社などの複数社から相見積もりを取ることをお勧めします。

外壁塗装の必要性が低いケース

直射日光を受けるマンション

外壁塗装の必要性が低いケースとして、

  • 外壁材がタイル・レンガ・樹脂系サイディングである
  • 外壁や屋根が色あせしている
  • 外壁に汚れや苔が発生している

といった状況があげられます。

とは言え、「自己判断で決定するのは不安」「必要性は低いかもしれないが心配」という場合は、遠慮なく業者に相談すると良いでしょう。目では確認できない劣化症状が早期に発見できることもあります。

ですので、あくまで目安程度として参考にしてください。

外壁材がタイル・レンガ・樹脂系サイディングである

タイルやレンガといった外壁材は、外壁塗装が不要です。稀にタイルやレンガに塗装を施されている場合がありますが、この場合は他の外壁材と同じく10〜15年程度で塗装メンテナンスをする必要があります。

また、樹脂系サイディングは外壁材そのものに顔料が練り込まれているため、塗装の必要がなく、色あせや剥がれといった劣化症状もありません。

外壁や屋根が色あせしている

外壁や屋根が色あせしている程度では、外壁塗装を実施する必要性は低いです。

というのも、外壁塗装から1〜2年も経てば雨風や直射日光などによって色あせてくるのが普通で、色あせによって防水効果などの保護機能は低下していないからです。

外壁に汚れや苔が発生している

外壁に汚れや苔が発生していても、外壁塗装メンテナンスを急ぐ必要はありません。

外壁塗装は外気にさらされていますので、雨風や砂埃、排気ガスなどが付着するものです。ホースなどを使って水をかけるだけでも表面の汚れは流れていきますし、特に汚れや苔が目立つ箇所にはスポンジやブラシを使って掃除することもできます。ホームセンターなどで外壁汚れ専用の洗剤も販売されていますので、汚れのタイプに合ったものを活用してみてください。

また、外壁全体の洗浄は年に1〜2回程度が望ましいと言われていますが、普段から簡単な掃除をしていれば2〜3年に1回のクリーニングでも美しさがキープできます。

外壁塗装の必要性を知って大惨事を防ごう!

すでに外壁塗装にひび割れやカビなどが発生している・耐用年数をすぎているなどの場合は、メンテナンスの必要性が非常に高い状態です。建材の腐食により建物が倒壊した事例もありますので、お早めにメンテナンスされることをお勧めします。

そして、まだ外壁塗装する必要性が低い場合は、簡単で良いので外壁及び外壁周辺の掃除を実施して、長持ちさせていきましょう。

外壁塗装は白鳳にお任せ!まずは無料相談を!

工場の外壁塗装は白鳳にお任せ!のイメージ画像

外壁塗装の必要性についてご紹介しました。

弊社「白鳳」は大規模修繕を強みとする建築工事及び塗装工事業者です。外壁塗装や屋根塗装だけでなく、リフォームや建材の張り替えもお任せください。

また、弊社は外壁・屋根塗装メンテナンスの他にも、床や内装、タンク、配管、建具などの塗装メンテナンスも得意としています。ご相談は無料ですので、ぜひお気軽にご連絡くださいませ。

お問い合わせ

無料の相談、現地調査など、まずはお気軽にご相談ください。
規模別の見積もりのサンプル資料もダウンロードしていただけます。

お問い合わせ窓口

あらゆるサイズの現場に対応可能です。
ぜひお気軽にお声がけください。

大規模修繕専門企業
株式会社 白鳳

お電話でのご相談受付時間:平日10時~18時

06-6115-7980

お問い合わせに迷われている方へ ご要望に応じた窓口をご用意しています